過払い金請求の費用を比較!安い手数料で多くの金額を取り戻す事務所を調査

過払い金請求の費用を比較!安い手数料で多くの金額を取り戻す事務所を調査

過払い金請求には費用がかかりますが、手続き方法によって金額は変わります。自分で過払い金請求すれば費用を少なくできますが、返還される過払い金が少なくなる、過払い金を取り戻すまでに時間がかかる可能性があります。

過払い金請求を司法書士・弁護士に依頼する場合であっても、事務所によって過払い金の費用で戻ってくる過払い金額が変わりますので、どの事務所に依頼すれば1円でも多くの過払い金が取り戻せるかをくわしくお伝えしています。

過払い金請求でかかる弁護士費用・手数料と相場

着手金

着手金は、解決するかどうかにかかわらず依頼した時にかかる費用で、過払い金請求する貸金業者数によって変わって、貸金業者1社ごとに0円~20,000円程度が相場です。

基本報酬

基本報酬は、過払い金の調査や計算、貸金業者との交渉など過払い金請求の続きにかかる費用で、着手金を取らない代わりに基本報酬を設定している事務所もあります。基本報酬の相場は、20,000円~30,000円です。

解決報酬

解決報酬は過払い金の返還が決まった場合に発生する費用で、20,000円~30,000円が相場で、司法書士の基準として、着手金・基本報酬・解決報酬を含めて最大5万円までと決められています。

過払い金報酬

過払い金報酬は、回収できた過払い金に対して決められた割合をかけて算出される費用で、和解の場合は20%、裁判の場合は25%が上限として司法書士・弁護士に定められています。

実費

実費とは、司法書士・弁護士が過払い金請求の手続きをする上で実際にかかった費用のことで、貸金業者1社につき通信費1,000円、事務手数料1,000円、振込代行手数料1万円など 近所や自宅に出張するたびに出張面談料3万円を請求する事務所もあります。

過払い金請求の費用・手数料で比較した事務所ごとの過払い金額のシミュレーション

取り戻せる過払い金額は、過払い金返還率と事務所の費用によって変わってきます。

過払い金返還率とは、発生した過払い金に対して実際に戻ってきた過払い金の割合のことで、実績のある事務所ほど貸金業者との交渉が上手いので、過払い金返還率も高くになります。

ある程度過払い金請求の経験がある事務所であれば、手続きするのが同じ貸金業者の場合、どの事務所に依頼しても返還率に大きな差はありません。

ただし、事務所によって過払い金請求の費用は変わりますので、取り戻せる過払い金額は事務所の費用で大きく変わってきます。

たとえば、貸金業者1社に100万円の過払い金が発生していて、過払い金返還率が80%であれば、費用を引いていくらの過払い金が戻ってくるか事務所ごとのシミュレーションをご確認ください。

司法書士法人杉山事務所

杉山事務所の費用では、過払い金請求の着手金・基本報酬・解決報酬は無料で、過払い金報酬が回収した過払い金の20%~になっています。

100万円の過払い金が発生していて、過払い金返還率が80%であれば、杉山事務所の費用は100万円×80%(過払い金返還率)×20%(過払い金報酬)=16万円。手元に戻ってくる過払い金は、100万円×80%(過払い金返還率)ー16万円(杉山事務所の費用)=64万円になります。

司法書士法人みどり法務事務所

みどり法務事務所の費用では、着手金・解決報酬は無料ですが、基本報酬が1社あたり49,800円、過払い金報酬が回収した過払い金の20%になっています。

100万円の過払い金が発生していて、過払い金返還率が80%であれば、みどり法務事務所の費用は100万円×80%(過払い金返還率)×20%(過払い金報酬)+49,800円(基本報酬)=20万9,800円。手元に戻ってくる過払い金は、100万円×80%(過払い金返還率)ー20万9,800円(みどり法務事務所の費用)=59万200円になります。

司法書士法人みつ葉グループ

みつ葉グループの費用では、着手金・基本報酬・解決報酬は無料で、過払い金報酬が回収した過払い金の20%~になっています。

100万円の過払い金が発生していて、過払い金返還率が80%であれば、みつ葉グループ の費用は100万円×80%(過払い金返還率)×20%(過払い金報酬)=16万円。手元に戻ってくる過払い金は、100万円×80%(過払い金返還率)ー16万円(みつ葉グループの費用)=64万円になります。

司法書士法人かなめ総合法務事務所

かなめ総合法務事務所の費用では、着手金・基本報酬は無料で、解決報酬が20,000円、過払い金報酬が回収した過払い金の20%になっています。

かなめ総合法務事務所の費用は100万円×80%(過払い金返還率)×20%(過払い金報酬)+20,000円(解決報酬)=18万円。手元に戻ってくる過払い金は、100万円×80%(過払い金返還率)ー18万円(かなめ総合法務事務所の費用)=62万円になります。

弁護士法人ユナイテッドローヤーズ シン・イストワール法律事務所

弁護士法人ユナイテッドローヤーズ シン・イストワール法律事務所の費用では、着手金・解決報酬は無料で、基本報酬が53,000円、過払い金報酬が回収した過払い金の20%になっています。

シン・イストワール法律事務所の費用は100万円×80%(過払い金返還率)×20%(過払い金報酬)+53,000円(基本報酬)=21万3,000円。100万円×80%(過払い金返還率)ー21万3,000円(シン・イストワール法律事務所の費用)=58万7,000円になります。

自分で過払い金請求する費用・手数料

自分で過払い金請求すると、司法書士・弁護士に依頼した場合には任せることができた作業を全て自分でおこなう必要があります。

まず、貸金業者から取引履歴を取り寄せます。取引履歴を取り寄せることで、借金を借りた期間や金利の%、返済した日にち、返済した金額がわかります。

取引履歴の情報から計算して、過払い金の金額を正確に算出します。ただし、計算を間違えると過払い金が少なくなったり、過払い金請求自体を断られるリスクがあります。

その後、過払い金を返還してほしいことを伝える過払い金返還請求書を作成して、内容証明郵便で貸金業者に送ります。内容証明郵便は、いつ、いかなる内容の文書を誰から誰あてに差し出されたかということを日本郵便が証明する制度で、後で貸金業者から過払い金返還請求書を受け取ってないと言われないために利用します。

過払い金返還請求書の内容をもとに貸金業者と話し合いの交渉して、双方の希望が折り合わないと裁判して解決することになります。

貸金業者との話し合いの交渉までにかかる費用

取引履歴を取り寄せる手数料

貸金業者によって金額は変わりますが、取引履歴を取り寄せるのに手数料が約1,000円かかります。

内容証明郵便代

過払い金返還請求書を内容証明郵便で送るのに約1,200円~1,500円かかります。

貸金業者との裁判でかかる費用

印紙代

印紙代とは過払い金の請求額によって支払う金額が変わる裁判の申立手数料のことです。 過払い金の金額によって金額が変わって、過払い金が100万円以下の場合は10万円につき1,000円程度あがっていって、過払い金額が40万1000円の場合、印紙代は5,000円となります。

100万1円~500万円場合は20万円につき1,000円あがっていって、過払い金額が170万1000円の場合は14,000円になります。

郵券代

郵券代とは、訴状の副本を、裁判所から貸金業者へ郵送するために、いったん自分で負担する郵送費用のことで、余れば返還されて、裁判に勝てば最終的に貸金業者に請求することが可能です。

裁判所によって少し異なりますが大体6,000円前後を、郵便切手や現金、または裁判所口座に支払います。

代表者事項証明書を取得する費用

代表者事項証明書とは、貸金業者の代表者が商業登記簿に正しく登記されているかの証明書で、近くの法務局で収入印紙代600円で取り寄せることができます。