過払い金が発生しないケースと過払い金請求ができないケース

過払い金が発生しないケースと過払い金請求ができないケース

テレビやラジオのCM、新聞や折込チラシ、インターネットの広告で見かけることのある「過払い金」というフレーズ。「借金をしたことがある人は過払い金が発生している可能性があります」との呼びかけを聞いて、もしかしたら過払い金があるかもしれないと気になる方も多いはずです。

しかし、過払い金はすべての借金に発生するわけではありません。過払い金が発生しないケースや過払い金が発生していたけど過払い金請求ができないケースがいくつかあるので、ご自身の借金は過払い金が発生しないケースにあてはまっているかご確認ください。

過払い金が発生しないケース

利息制限法の範囲内での借り入れは発生しない

アコムやプロミスなどの消費者金融から借り入れた場合や、オリコやニコスなどのクレジットカード会社からキャッシング利用をした場合に金利が設定されますが、設定された金利が利息制限法で定められている上限金利の範囲内であれば、過払い金は発生しません。

利息制限法で定められている上限金利は借入金額によって変わります。

利息制限法の上限金利

借り入れ金額 上限金利
10万円未満 年20%
10万円以上100万円未満 年18%
100万円以上 年15%

逆に、利息制限法で定められている上限金利を超える金利(グレーゾーン金利)で借り入れした場合は、過払い金が発生しています。借り入れ先の貸金業者に過払い金請求すれば、過払い金を取り戻せる可能性があります。

2010年以降に借り入れした場合は発生しない

2010年6月18日に貸金業法が改正されて、利息制限法で定められている上限金利を超える金利での貸し付けが禁止となりました。

したがって、すべての貸金業者が利息制限法で定められている上限金利を超えない金利で貸し付けるようになったので、2010年6月18日以降に借り入れした場合は、過払い金が発生しません。

過払い金が発生しない貸金業者

貸金業法が改正される前は、グレーゾーン金利で貸し付けしていた貸金業者がほとんどでした。

しかし、一方で貸金業法が改正される前から利息制限法で定められている上限金利を超えない金利で貸し付けていた貸金業者もあって、この場合はどんなに高額の借り入れをしたとしても、過払い金は発生しません。

また、過去にグレーゾーン金利で貸し付けをしたことがあるけど、早い段階で利息制限法で定められている上限金利を超えない金利に設定を変えた貸金業者もあって、この場合に過払い金が発生しないケースがほとんどです。

過払い金が発生しない貸金業者(例)

・アットローン(現:SMBCコンシューマーファイナンス)
・モビット(現:SMBCモビット)
・キャッシュワン(現:au銀行)
・ダイレクトワン(現:スルガ銀行)

過払い金が発生しないケースが多い貸金業者(例)

・オリックス・クレジット
・ジャックス
・JCB

過払い金が発生しない借金

どんなに高額な借り入れであっても、どんなに長い期間返済している借り入れであっても、過払い金が発生しない借金があります。

過払い金が発生しない借金はいくつかありますが、大きく分類すると「金利が低くて利息制限法の上限金利を超えない借金」と「利息制限法が適用されない借金」の2種類のいずれかにあてはまります。

金利が低くて利息制限法を超えない借金

・カードローン
・住宅ローン
・車ローン
・日本学生支援機構による奨学金
・政策金融公庫からの借り入れ
・社会福祉協議会からの借り入れ

利息制限法が適用されない借金

・クレジットカードのショッピング利用
・銀行からの借り入れ
・銀行カードローン

過払い金請求で口コミが集まる事務所ランキング

過払い金請求できないケース

過払い金が発生しないケースは過払い金請求できませんが、その他にも過払い金が発生していたけど過払い金請求できないケースもあります。

時効が成立すると過払い金請求できない

過払い金には時効があって、完済した日から10年または最後に取引した日から10年経過した場合は過払い金が成立して、過払い金請求ができなくなります。

2年~3年前に完済された場合は、過払い金の時効が成立していないことが把握できますが、完済してから時間が経っている場合は、ご自身の借り入れは過払い金の時効が成立しているかどうかを把握できないことが多いです。

ただし、把握できていないからと言って「時効が成立しているかもしれない」と諦めてはいけません。本当は時効が成立していない場合も実際にあるので、一度、過払い金請求に強い専門家に相談して、過払い金請求できるかどうかを正しく確認するべきです。

貸金業者が倒産したら過払い金請求できない

過払い金が発生している借り入れがあっても、借り入れ先の消費者金融やクレジットカード会社が倒産した場合は、過払い金を取り戻すことができなくなるので過払い金請求できない場合が多いです。

しかし、倒産した場合であっても、屋号を変えて活動をしている貸金業者や、別の貸金業者と合併した会社で活動をしている貸金業者には過払い金請求をすることができます。

貸金業者が倒産したからといって諦めるのではなく、過払い金請求に強い専門家に相談して、過払い金請求できるかどうかをご確認ください。

過払い金請求で口コミが集まる事務所ランキング

過払い金が発生しない借金を減らすには?

過払い金が発生しない借金の返済に困っている方は多くいらっしゃいますが、借金問題を解決する方法は過払い金請求だけではありません。債務整理という手続きをすることで、ご自身の借金を減らせる可能性があります。

ただし、債務整理には任意整理、個人再生、自己破産といった手続きがあって、それぞれ手続きが違うので、どの手続きで借金問題を解決していけばいいのかを借金問題や過払い金請求に強い専門家に相談することをおすすめします。

過払い金請求で口コミが集まる事務所ランキング